欧州のプライバシー保護団体、トラッキングクッキーの禁止を要求|CookieFirstブログ

トラッキングクッキーで人々を追跡することに基づくオンライン広告などは禁止されるべきです。そして、子供のプロファイリングも同様に禁止されるべきである。これは、欧州データ保護委員会(EDPB)で結束している欧州のプライバシー監督者たちが、欧州委員会に宛てた声明の中で書いていることである。

EDPBがこのような声明を出したのは、デジタルサービス法(DSA)、デジタル市場法(DMA)、データガバナンス法(DGA)、人工知能規制(AIR)などの新しい法律が欧州で制定されようとしているからです。

EDPBは、これらの法案には3つの点で欠陥があると指摘している。第一に、これらの法律は市民の権利を十分に保護していないということです。

また、一般データ保護規則(GDPR)などの既存の法律と矛盾している点もある。

最後に、これらの法案の監視は十分に組織化されていない。このように、これらの法律は欧州の人々の個人データを十分に保護するものではなく、十分な効果を発揮していないのです。

EDPBは、オンライン上の人々の追跡の禁止を訴えている

DSAでは、プライバシー規制当局がパーソナライズド広告に関するより厳格な規則を求めています。そして最終的には、この種の広告を禁止することです。

これらの広告は、例えばトラッキング・クッキーを使ってオンラインで人々を追跡するという最も過激な形態に基づいている。ネット上の人々を勝手に追跡することも、今は許されていない。EDPBは、このような方法で人々を追跡することを全面的に禁止することを望んでいます。

「大手ハイテク企業や無数の中小広告会社は、インターネット上でわれわれを監視し、われわれの関心事をファイルとしてまとめ、それを使って他社に広告スペースを売りつけることで大儲けしている。趣味は何か、男性が好きか女性が好きか、どんな病気を持っているかも記録している……。私たちを巧みに操って、その会社の製品を買わせるためにね。変態としか言いようがない。特に子供を監視するのはね。」とアレイド・ウォルフセン(AP会長、EDPB副会長)は発言している。

AIによる顔認証とプロファイリングを禁止

さらにEDPBは、公共空間における顔認識やその他のリアルタイム生体認証のAIRでの禁止を再度求めています。そして、民族、性別、セクシュアリティ、政治的所属に基づいて人々を集団に分類するAIシステムの禁止を求める。なぜなら、これは差別を促すからです。

アレイド・ウォルフセン:『誰かが男か女か、ゲイかストレートか、白人か有色人種かを登録し、それらのグループに関する結論を導き出すシステムは、差別をすることになる。そのようなシステムは、例えば、仕事に応募するとき、そのポジションに就くのは主に白人異性愛者の男性であることをデータが示しているので、すべての女性、同性愛者、有色人種を事前に拒否することができます。私たちは、このような行為を法律で断固として禁止してほしいのです。』

企業にとって明確さに欠ける

その4つの法案は、企業や政府にとって不確実性をもたらすものでもあります。なぜなら一方では、いくつかの点で、GDPRなどの既存の法律と一致していないからです。さらには、これらの法律を執行する権限を持つ監督者が具体的にどのようなものか、法律では明確になっていないからです。

‘向上が必要’

EDPBは、欧州委員会と欧州議会に対し、立法案を修正するよう求めている。APは、オランダの政治家や省庁にこのことを指摘し、国レベルでこれを実行している。

「これらの法律は、欧州の企業や政府が責任ある方法でイノベーションを起こすのに役立つはずだ。新しい技術をうまく利用しながら、ヨーロッパの人々の権利と自由をしっかりと守るためにね。それは非常に良いことだ。しかし、この提案はまだ十分とは言えない。もっと良くしなければならない」とウォルフセン氏は言う。

CookieFirstブログより引用

一覧へ戻る

関連する記事