アメリカ各州CCPAのようなプライバシー法を2022年に検討|Cookie First ブログ

他の多くの州もこれに続いており、今年中に15以上の州が同様の法律を検討すると予想されます。この記事では、各州が検討している法案の詳細と、2022年に向けての期待事項を掘り下げていきます。

個人情報保護法案を検討している州の概要

2022年の立法期間にさまざまな州が取り組んでいることを確認する前に、まず現在の法的環境を理解していきましょう。より多くのデータ・プライバシー法が立案するにつれ、こうした議論は議員たちの最重要課題として継続されるでしょう。

例えば、2021年には27の州でプライバシーに関する法律が導入されました。これらの法律のいくつかはまだ承認または確定されていません – したがって、議論は来年も継続されます。少なくとも17の異なる州が、CCPAのような法律の導入を検討しています。ここでは、各州で起こっていることの概要を説明します。

アリゾナ州

デグラツィア代表は2021年にプライバシー法案HB 2865を提出した。これは、個人データの収集と処理の要件を導入しています。同様に、その情報を保持する企業に対するセキュリティ基準も盛り込まれています。

同代表は2022年に少なくとも1つのプライバシー法案を提出する意向であり、アリゾナではさらなる進展が期待される。

コネチカット州

昨年、コネチカットの議員たちはSB893を検討した──が、最終的には通過しなかった。

この法案を提出した上院議員のJames Maroney氏は、現在、2022年に向けてプライバシーに関する別の法案の準備に取り掛かっている。彼は、プライバシーに関するワーキンググループを作り、毎月会合を開いて例外や規則制定権限、その他の条項といったテーマについて議論している。

同様に、このグループは、コロラドのプライバシー法を書いた上院議員のような人物と協力した。彼らの目標は、2022年2月初旬の議会開会までに、できるだけ多くの情報と支持を集めることである。

フロリダ州

フロリダ州も、昨年からプライバシー保護法案の成立に取り組んでいる州です。法案の承認まであと一歩のところまでいったが、残念ながら会期終了までに合意に達することはなかった。

別のプライバシー法案が提出されていないにもかかわらず、この議論は2022年までまだ続きそうです。

メリーランド州

メリーランド州議会の開会に先立ち、スーザン・リー上院議員がSB 11を予備提出しました。メリーランド州オンライン消費者保護・児童安全法は、データの収集・利用方法を規制することを目的としています。

また、オンライン上のデータに関して、通知を受ける権利、データを削除する権利、開示を防ぐ権利など、消費者の権利を確立するものである。

マサチューセッツ州

マサチューセッツ州情報プライバシー法は、ワシントンで行われた提案を反映したものです。他の州と異なり、マサチューセッツ州の議会は年中開かれているため、こうした議論は継続的に行われている。

高度情報技術・インターネット・サイバーセキュリティ合同委員会は、2021年末にこの法案に関する公聴会を開催したが、現時点では追加開催は予定されていない。

ミネソタ州

ミネソタ州消費者データプライバシー法(HF 1492)も昨年検討された。この案はワシントンで提出されたものとほぼ同じで、最初の発表は情報公開公聴会で行われた。

この法案は、プライバシー・バイ・デザインで作られており、消費者にさらなる権利を導入することになる。例えば、グローバルオプトアウト、治癒能力、私的訴訟権などが盛り込まれている。

ミシシッピー川

ミシシッピ州消費者データプライバシー法が2022年の立法会期に再提案が期待される。

ニューヨーク州

2021年にニューヨーク・プライバシー法が提出され、上院の消費者保護委員会ですぐに否決された。規則委員会に付託され、2022年の会期中に再検討されることになった。

ノースカロライナ州

ノースカロライナ州の消費者プライバシー法も2021年から休止したままです。現在は上院の規則・運営委員会にあり、2022年に持ち越される予定です。

オハイオ州

州は2021年夏に「オハイオ個人プライバシー法」を発表したものの、委員会ではまだ最終的な採決には至っていない。さらなる検討が必要なため、2022年のいつかまで投票を保留しているという。

オクラホマ州

オクラホマ州コンピューターデータプライバシー法は下院で可決されましたが、まだ上院を通過していません。HB 1602は、2022年の上院司法委員会の公聴会を待っており、可決されれば下院に戻り、そこで簡単に可決されると予想される。

ペンシルベニア州

HB1126は2021年に提出されましたが、消費者委員会で保留状態でした。そのため、2022年4月1日に議会が再開の際、再び議論が始まる。

ユタ州

ユタ州の議員たちは2021年にプライバシー保護法案SB 200を検討したが、2022年にそれを継続するかどうかは不明である。

サウスカロライナ州

サウスカロライナ州は、昨年導入されたH3063を再検討見込みである。サウスカロライナ州バイオメトリックデータプライバシー法は、消費者に個人情報に関する権利を与え、データ収集をオプトアウトした場合に差別を受けないようにするものである。

ベルモント州

2021年、法案H160がマイダ・タウンゼント下院議員によって提出された。この議論は2022年まで続き、プライバシーやデータ収集に関する問題を取り上げる予定です。

ワシントン州

ワシントンプライバシー法は数年前から州内で話題になっており、2021年にはピープルズプライバシー法も導入された。後者は現在、2022年の新会期に向けて改正中である。

ブラジルのLGPDがモデルとなり、同意拒否権や取り消し権が盛り込まれている。以前の法案は下院から動くのに十分な票を得られなかったが、議員たちはこのより強固な案が成功することを望んでいる。

その他の州では

CCPAのような消費者プライバシー法案を検討している州は多いが、まだすべての州がそこまで到達しているわけではない。

下記の州の議員は交互にしか会合を開かないので、2022年には何の議論もないと予測されます。

  • モンタナ州
  • ネバダ州
  • ノースダコタ州
  • テキサス州

しかし、より多くの州が法案を可決するにつれて、プライバシー保護法は今後も優先されます。これらの州が2023年以降に同様のことを検討することを期待すべきでしょう。

Cookie Firstブログ引用

一覧へ戻る

関連する記事