デジタルサービス法:違法コンテンツとパーソナライズド広告への対応 | CookieFirst ブログ


デジタルサービス法(DSA)は、デジタル市場法(DMA)と並んで存在し、これらの法律が一体となって、オンラインプラットフォームの機能に関する新しい基盤を構築しています。DMAは企業の公平な競争条件を重視しており、DSAはプラットフォームの設定方法に重点を置いています。その結果、インターネットユーザーは日常的にDSAをより多く目にすることになるでしょう。

デジタルサービス法 子ども向けパーソナライズド広告の禁止

多くのインターネット企業は、ユーザーの情報を利用して、ターゲット広告を表示しています。これは、登録された検索結果やウェブサイトの訪問回数などに基づいて行われています。このパーソナライズド広告の形態が見直される予定です。

機密性の高いユーザーデータは、この目的のために使用されなくなる可能性があります。これには、宗教、性的指向、民族性などの情報が含まれます。未成年者は、パーソナライズされた広告をまったく見ることがないでしょう。

政府はソーシャルメディアに目を向けることができる

欧州連合の各国政府は、この新しい法律を利用して、オンラインプラットフォーム上の違法なコンテンツを削除するよう指示することができます。例えば、テロリズムや児童虐待、憎悪を広めるような書き込みがこれにあたります。

企業は、違法な通報に対処するために企業が行うことを反映した規則を作成することが義務づけられます。フェイスブックやグーグルなどの大手プラットフォームは近年、すでに独自のルールを設けていますが、これが義務化されることになります。

欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は、この強化により、インターネットがより安全な場所になることを保証すると述べています。”実際には、違法なコンテンツについては、オフラインで違法なものはオンラインでも違法です。” そうすることで、大企業は小規模なプラットフォームよりもより大きな責任を負うことになるでしょう。

削除の説明

違法なコンテンツが削除された場合、オンラインプラットフォームとホスティング会社は、新しい法律の下で投稿が削除された理由を説明できるようにする必要があります。さらに、ユーザーは常に異議を唱えることができるべきです。企業は、これを利用しやすい方法で促進しなければなりません。

ちなみに、DSAは何が違法で何が違法でないかを明示していないため、それは各国の法律次第で決まります。

アルゴリズムに関する透明性の向上

Facebookのような大規模なオンライン・プラットフォームは、そのアルゴリズムがどのように機能するかについて、より深い洞察を提供する必要があります。例えば、Facebookでは、なぜ特定の投稿がニュースフィードのトップに表示されるのか、ユーザーにとって明確であるべきです。例えば、YouTubeでは、なぜ特定の動画が推奨されるのか、その理由を明確にすべきです。

アルゴリズムがどのように影響され、どのような効果をもたらすのか、企業はもっと説明する必要があります。また、個人的なおすすめを簡単にオフにできるようにする必要があります。

一方、プラットフォームは、パーソナライズされたメッセージの表示にこだわることが許されています。以前、EUサミットでは、ユーザーのタイムラインに投稿を時系列で表示することを義務付ける可能性が話題になったが、それは実現さ れませんでした。

デジタルサービス法 – 法律の施行にはまだ時間がかかる

法律の内容は決定しているものの、詳細はまだ詰める必要があります。順調にいけば、デジタルサービス法は2024年に施行される可能性があります。

– CookieFirst ブログより引用

一覧へ戻る

関連する記事